小さなドローンで撮る未来の映像

InterBEE 2018で、面白いドローン映像に出会った。超小型のおもちゃのドローンを映像制作に使用しているのだ。この映像を撮影した増田勝彦氏に、会場でお話を伺った。超小型のドローンは未来の映像を撮っていた。

ドローンが小型化され、今やドローンの映像は普通に使われるようになった。例えばDJIのMavic Pro、Mavic Air、Sparkといったドローンは、小型で様々な場面で使われている。しかし、更に小さなドローンの可能性もある。スマートフォンに搭載されているカメラのように、カメラの小型化が進むと、ドローンも小型にすることができる。

Inter BEE 2018で、OculusのVRコンテンツを制作している株式会社シネマレイを経営する増田勝彦氏にインタビューした。彼はFPV(First Person View:一人称視点)カメラを搭載した非常に小さなおもちゃのドローンを彼の映像制作に使用している。主に室内で飛行し、実に面白い映像を撮っている。

未来の映像

超小型のドローンを撮影に使用するという考えは新しいものではない。Robert McIntosh氏のドローン・ショットを覚えておられるだろうか。この映像は、彼自身のAfter Effects用スタビライザープラグインReelSteadyのプロモーション用だった。(リンクはこちら – Impossible drone shot IとImpossible Drone shot II)今までにない新鮮な映像で、印象に残っている読者も多いのではないだろうか。

彼は非常に小さなおもちゃのドローンを使用し、それにGopro HERO4を分解して取り付けている。全体の重量はバッテリーとフレームを含みわずか120グラムだ。ドローンは重量を軽くするためバッテリーを小さくしなければならず、したがって飛行時間はほんの数分だった。もちろん、GoProの映像は安定していなかったが、ReelSteadyプラグインによりスムーズ映像となっている。

ポイントはこのような超小型のドローンで、今までにない映像を撮影できることだ。小型化により非常に狭いところも通過できるようになり、室内での撮影も可能となる。一方、ちょっとした風にも影響されるため、屋外での使用は限られる。

Operating the micro drone with the FPV Goggles. Source: Videosalon.jp

ビデオサロン誌のウェブサイトによると、増田氏が撮影に使うマイクロドローンは、レーシングドローンのNano Vespa 80 HD DVRの改良版。ドローンで使用されるカメラユニットは、最大60fpsで1080pビデオをマイクロSDカードに記録できる。なお、ビットレートやコーデックに関する情報はない。全体重量はわずか68.4g。オペレーターはFPVゴーグルでドローンを操縦する。

Comparison: left side – Robert’s Drone with the GoPro, right side – Katsuhiko’s drone.

両方のマイクロドローン(左側のRobert氏と右側の増田氏のもの)は、実際にはよく似ており、サイズも同じくらいだ。増田氏のドローンで使用されているカメラユニットは、Robert氏のGoPro HERO4を分解したものよりはるかに小さいが、画質はRobert氏のものが優る。また映像を安定させているため、解像度はおそらくフルHDよりも若干低いと思われる。しかし画質は改善の余地があるものの、十分実用に耐えるレベルのものだ。

 

これらの超小型ドローンの欠点は飛行時間だ。バッテリーを小さくする必要があるため、通常は数分の飛行に留まる。増田氏のドローンの飛行時間は約2分で、その時間内に撮影する必要があるため、操縦の技術も必要となる。

小型軽量で、かつプロペラがガードで保護されているので、顔の近くを飛ばすといった撮影も可能になる。

物理的なジンバルかデジタルによる安定化か

このような超小型ドローンで、高いビットレートで4Kが収録されるようになるのも近いことだろう。スマートフォンはすでに小さなカメラで4Kに対応しているので、そう遠い話ではない。カメラバッグに入れていつでも持ち歩くことも可能だ。

スタビライズに関しては、物理的なジンバルは超小型ドローンには適さない。 GoPro HERO7 Blackのハイパースムースに使われているようなデジタルスタビライザーが主流になるだろう。補正はポストプロダクションで撮影後に行うことができる。 ただし、この場合は撮影時に、より高い解像度が求められる。

Please Login to comment
avatar
  Subscribe  
Notify of
GET 6 MUSIC LICENSES FREE!
Subscribe to the cinema5D + Music Vine newsletters
& get 6 tracks and licenses for commercial online projects* from musicvine.com.
Your e-mail will be stored with cinema5D and Music Vine. You can unsubscribe from our newsletters at any time.
We will not share your information with a third party.
The licenses included in this promotion will provide Web coverage for
Music Vine´s Promotional, Branded, Advert license with a project budget up to $15k.
MV-logo
c5d-logo
PLEASE CHECK YOUR INBOX
AND CONFIRM YOUR E-MAIL ADDRESS
I agree to my personal data being stored and used to receive newsletter from cinema5d.com and musicvine.com