シグマCEOに聞く - Lマウントアライアンスとシグマのフルフレームカメラ

上のビデオは「字幕」ボタンで日本語字幕が表示されます。

 

シグマはフォトキナ2018Lマウントアライアンスを発表した。また新しいレンズの発表も行っている。そこで同社の山木和人CEOに、このアライアンスの狙いと、将来展望についてお話を伺った。

シグマはパナソニック、ライカと共にLマウントアライアンス(記事はこちら)に参加することを発表、また、5本の新しいレンズも発表した。さらに、同社は独自のフルフレームカメラを開発している。

シグマのフルフレームカメラ

今年はメジャーなカメラメーカーから続々とフルフレームカメラが発表された。今後各メーカーから多くのフルフレームカメラが発売されるだろう。 そのような中、シグマもフルフレームに参入することを発表した。 山木氏によると、同社は3年前に独自のフルフレームセンサーを開発するプロジェクトを開始した。センサーはまだ開発中で、今後Lマウントカメラでこれが採用されるとのこと。

この新しいカメラのビデオ機能に関しては、まだ情報を得ることはできなかったが、2019年にリリースされる予定ということが分かった。

Lマウントアライアンス

また、同社はこのフルフレームセンサーとともに、短いフランジバックを持つ独自のマウントを開発したいと考えていた。結果的に、これはパナソニックとライカとのアライアンスでLマウントを開発することで実現した。

パナソニック、ライカ、シグマのLマウントアライアンス3社は、レンズとカメラ、両方を作っているメーカーだ。それぞれメーカーは、製品を個別に開発しており、そのロードマップを互いに公開していないとのことだ。しかし、Lマウントの開発を一緒に進め、レンズやアクセサリーを充実させていく予定。

なお、同社は新しいニコンとキヤノンのミラーレスマウントに関しても、興味を持っているとのことだが、今はLマウントレンズが優先事項となっている。

新レンズ

最後に、同社はフォトキナ2018で5本の新しいレンズを発表した。3本のプライムレンズ、28mm、40mm、56mmと2本の望遠ズーム、70-200mm、60-600mmだ。(詳細記事は、こちら)。

 

Price not available New Item - Coming Soon
 
BUY IT
Price not available New Item - Coming Soon
 
BUY IT
$1,999 exc. VATNew Item - Coming Soon
 
BUY IT
Please Login to comment
avatar
  Subscribe  
Notify of
GET 6 MUSIC LICENSES FREE!
Subscribe to the cinema5D + Music Vine newsletters
& get 6 tracks and licenses for commercial online projects* from musicvine.com.
Your e-mail will be stored with cinema5D and Music Vine. You can unsubscribe from our newsletters at any time.
We will not share your information with a third party.
The licenses included in this promotion will provide Web coverage for
Music Vine´s Promotional, Branded, Advert license with a project budget up to $15k.
MV-logo
c5d-logo
PLEASE CHECK YOUR INBOX
AND CONFIRM YOUR E-MAIL ADDRESS
I agree to my personal data being stored and used to receive newsletter from cinema5d.com and musicvine.com