Bebob Amicroバッテリーレビュー - コンパクトで堅牢なバッテリー

現在では多くのバッテリーがリチウムイオンバッテリーとなっており、当分その傾向は続くだろう。しかし航空会社は、リチウムイオンバッテリーに神経質になっている。いずれにしてもバッテリーは大きく、重く、たくさん持っていかなければならない場合は閉口してしまう。さてBebobはいつも革新的なバッテリーを開発しているが、今回はBebob Microバッテリーシリーズをレビューする。Bebob Microバッテリーは小型で、同程度の容量のバッテリーに比べ、40%の大きさだ。これで厳しい現場での撮影に耐えらるか、検証してみたい。

Image Credit: Graham Sheldon

Bebob Micro Batteryの概要

Bebobはドイツを拠点とするバッテリーメーカーで、最近ではARRIのカメラ用の新しいBマウントを開発した。新しいMicroシリーズでは、サイズ、耐衝撃性、そしてD-Tapポートが特徴だろう。

今回はA150とA90を使用して、主にキヤノンのC300 MK IIとSmall HDの Bolt 703モニターに給電した。撮影期間は約2週間。充電にはBebob AS2 2ポジション充電器を使った。なお、Bebobは小型のA45(43 Wh)バッテリーも送ってくれたので、これを主に小型のハンドヘルドモニターで使用した。

Image Credit: Stephen Napolitano

バッテリーの外側に貼られた大きな銀色のステッカーが剥がれかけていたが、これは性能には関係しないだろう。形状はほぼ立方体だ。

サイズ

バッテリーを箱から出してまず気が付くのは、とても小さいということ。小さくするために、何かが削られているのではと思ってしまう。 Bebob の98Whバッテリーは、最近生産が中止された約1KgのAnton Bauer Digital 90よりも大幅に小型化されている。またBebobバッテリーでは5VのUSBポートが追加されている。

カメラのバランスをとるため、バッテリーはある程度重いほうが良いという意見もあるが、筆者は小さく軽いほうが良い。Microシリーズの大きな特徴は小型軽量であることだ。トータルシステムで小型軽量化を図るには、このバッテリーは解決策の一つだろう。

デザインと品質

このバッテリーは約1.5mの高さから落としても問題ないように設計されている。テストではバッテリーをコンクリートの上に直接落とすようなことはしなかったが、何らかの衝撃を受ける気がする。 2週間かけてさまざまな環境や温度で撮影したが、テストした3種類のBebobバッテリーはどれも問題なく動作した。

もう1つの優れた点は、どのようなD型タップケーブルでも、どちらの方向にも挿入できるツイストDタップポート。小さな機能だが、他のバッテリーメーカーも採用してほしい機能だ

バッテリー持続時間

バッテリーの持続時間は、当然ながらカメラやシステムによって異なる。今回のレビューでは、キヤノンC300MK IIにTeradek ACE 500ワイヤレストランスミッターを接続し、これらにA150から電力を供給したが、約7時間連続して撮影できた。

Always useful to have USB charging options while on location.

他の150 Whバッテリーの持続時間とあまり変わらないが、大きさと重さを比較すると、その違いが良く分かる。下は、他のいくつかの150 Whクラスのバッテリーと比較したもの。

  • Bebob A150: 1.8 lbs(約82Kg)
  • Anton Bauer Digital 150: 2.6 lbs(約18Kg)
  • Anton Bauer Titon 150: 2.4lbs(約09Kg)
  • Core SWX HyperCore 150Wh: 2.4lbs(約09Kg)
  • Anton Bauer CINE 150: 2.7lbs(約22Kg)

なおFxlion、IndiPRO、Hawk Woodsといったブランドが、小型シネマバッテリーに参入し始めていることも注意しておきたい。

Twist D-Tap port in action.

価格

バッテリーは地味な機材だが、撮影に必要不可欠なもので、価格も重要な点だ。今回テストした3つのBebobバッテリーの価格は以下の通り。

  • A150: 395ドル
  • A98: 325ドル
  • A45: 245ドル

Bebobは、これら小型軽量のシリーズはMicroの製品名としており、同時に通常の大きさのバッテリーもラインアップしている。そしてこれら2種類のシリーズの価格を比べると、わずかにMicroシリーズが高価なだけだ。たとえば、98 WhのMicroバージョンは、通常バージョンと比較した場合、わずか5ドル高いだけだ。また98 Whの通常バージョンが最大負荷8Aに対し、Microバージョンは10Aとなっている。これならMicroバージョンの方を選ぶべきだろう。 Anton Bauerの場合は、新しいTiton 90の価格は現在318ドル、Titon 150の価格は517ドルと非常に高価だ。

Image Credit: Jonathan Michals

まとめ

Bebob Amicroは小型軽量で、Dタップポートも付属している。実際この小型軽量のバッテリーを使った後は、大きく重いバッテリーを使いたくなくなる。将来的には、小型軽量の筐体に、どれだけの容量を詰め込めるかの競争になるのではないだろうか。

$320.00 exc. VATSpecial Order
 
BUY IT
$314.00 exc. VATSpecial Order
 
BUY IT

Leave a Reply

Please Login to comment
avatar
DOWNLOAD OUR MAVIC PRO LUT
Please enter a valid e-mail address. We will send the download to your inbox.
We hate spam! Your e-mail will be stored with cinema5D.com exclusively and you can unsubscribe from our newsletters at any time.
c5d-logo
PLEASE CHECK YOUR INBOX AND CONFIRM YOUR E-MAIL ADDRESS
THANK YOU
Please check your inbox and confirm your e-mail address.
c5d-logo
DOWNLOAD OUR DJI INSPIRE 1 LUT
Please enter a valid e-mail address. We will send the download to your inbox.
We hate spam! Your e-mail will be stored with cinema5D.com exclusively and you can unsubscribe from our newsletters at any time.
c5d-logo
PLEASE CHECK YOUR INBOX AND CONFIRM YOUR E-MAIL ADDRESS
DOWNLOAD OUR PANASONIC GH5 instaLUT B1010
Please enter a valid e-mail address. We will send the download to your inbox.
We hate spam! Your e-mail will be stored with cinema5D.com exclusively and you can unsubscribe from our newsletters at any time.
c5d-logo