ライカM0.8シリーズシネレンズを発表 - 最高級レンズがシネレンズで登場

2016IBCで、ライカが新シネレンズ、M0.8シリーズラインアップを発表した。レンズにこだわるなら一度は使って見たいMレンズがシネレンズとして登場した。垂涎のレンズである。

ライカM0.8概要

上のビデオのレンズはプロトタイプで、リングはプラスチックだが、製品版ではアルミ素材になる。

M0.8は、ライカがシネマ用に開発したシネレンズである。世界的に有名で、レガシーとでもいうべきMレンズをハイエンドシネマ用にアレンジしたのだ。ライカの関連会社CW Sonderopticが開発を担当している。光学系はそのまま流用しているが、外観は最新のシネレンズに仕上がっている。

Leica M 0.8

the whole Leica M 0.8 series set

M0.8の“0.8”は、フォーカスとアイリスリングが標準の0.8ギアであることから名付けられている。アイリスのクリックは、オリジナルのものにはあるが、シネレンズとしては、もちろん省かれている。以下の5本がシネレンズとしてラインアップされている。

  • 21 mm f/1.4
  • 24 mm f/1.4
  • 28 mm f/1.4
  • 35 mm f/1.4
  • 50mm f/0.95 Noctilux

ライカM0.8はフルフレームのセンサーサイズ(24x36mm)に対応し、ほぼ全てのフルフレームセンサーカメラに使用できる。super35mmのセンサーカメラで使用する場合は、真中の美味しいところのみ使用することになる。

他のライカのレンズと同様、このレンズもMマウントを採用する。従ってREDカメラで使用する場合は、Mマウント仕様で、EマウントやFZマウントのカメラにはアダプターで対応できる。

Leica M 8.0

Leica M 0.8 lenses accompanied by a RED Dragon

仕様と価格

重さは320gから700g、また長さは5.8cmから7.7cm。価格は決して安くない。しかし最高級のレンズの話をしているとき、価格は二の次だろう。価格は、35mm f/1.4が6,000ドル、50mmノクティルックス(f/0.95)は13,400ドル。

2017年/1Qに発売予定。

CW Sonderoptik のサイトはこちら

Leave a Reply

Please Login to comment
avatar
  Subscribe  
Notify of
DOWNLOAD OUR MAVIC PRO LUT
Please enter a valid e-mail address. We will send the download to your inbox.
We hate spam! Your e-mail will be stored with cinema5D.com exclusively and you can unsubscribe from our newsletters at any time.
c5d-logo
PLEASE CHECK YOUR INBOX AND CONFIRM YOUR E-MAIL ADDRESS
THANK YOU
Please check your inbox and confirm your e-mail address.
c5d-logo
DOWNLOAD OUR DJI INSPIRE 1 LUT
Please enter a valid e-mail address. We will send the download to your inbox.
We hate spam! Your e-mail will be stored with cinema5D.com exclusively and you can unsubscribe from our newsletters at any time.
c5d-logo
PLEASE CHECK YOUR INBOX AND CONFIRM YOUR E-MAIL ADDRESS
DOWNLOAD OUR PANASONIC GH5 instaLUT B1010
Please enter a valid e-mail address. We will send the download to your inbox.
We hate spam! Your e-mail will be stored with cinema5D.com exclusively and you can unsubscribe from our newsletters at any time.
c5d-logo