Laowaが4本の新レンズを発表 - EマウントとMFTマウント

上のビデオは「字幕」ボタンで日本語字幕が表示されます。

 

Laowaは、Eマウントとマイクロフォーサーズ用の4本の新しいレンズを発表した。いずれも広角で、同社の広角ラインアップの強化が図られている。

フォトキナ 2018でLaowaはEマウントとMFTマウントの4本の新しい広角レンズを発表した。これについて、同社のKevin氏に説明をお願いした。Laowaは常に革新的なレンズを開発するが、今回も期待を裏切らない高画質製品となっている。以下に、各レンズを簡単に紹介しよう。

10-18mm F/4.5 – 5.6 C-DreamerEマウント/フルフレーム)

このレンズは現在入手できるフルフレームEマウントとしては画角は130°と最も広角で、主に風景撮影用に設計されている。非常に広角のレンズだが樽型歪みやケラレはほとんどない。 5枚の絞り羽根は、星ボケを簡単に作ることができ、ソニーやシグマの超広角レンズと比較すると、非常に小型で軽量だ。(重量は500g)

もう1つの機能は、レンズ鏡筒にあるクリック/デクリックのスイッチ。その切替にドライバーは必要無い。

Laowa 10-18mm F / 4.5 – 5.6の特徴は、レンズの取り付け端に37mmフィルターねじが付いていること。これにより、大きなフィルターホルダーを必要とせずにNDフィルターや偏光フィルターを使用することができる。なお、レンズの前面にフィルターを装着する場合は、100mmフィルターホルダーを開発している。

4mm F/2.8サーキュラーフィシュアイ(MFTマウント)

この小さなレンズは、サーキュラーフィッシュアイ(円周魚眼)レンズで円形の映像を作る。210度の超広角で、カメラを持っている指が映り込むほど広い。開放F / 2.8絞りなので、比較的明るいレンズだ。フルフレーム換算では8mmの焦点距離になる。

12mm F/1.8MFTマウント)

これは、マイクロフォーサーズでは最も広角のF / 1.8レンズで、樽型歪みはほとんど無い。 MFT12mmの焦点距離はフルフレームで24mmに相当する。46mmのフィルタースレッドを備える。

17mm F/1.8MFTマウント)

17mm F / 1.8は、フルフレーム換算では34mmとなり、一般的な焦点距離のレンズ。F / 1.8で浅い被写界深度を実現する。また、46mmフィルタースレッドを持つ。 12mmと17mmの2本は非常に小さく、軽量だ。

現在のところ、レンズの価格は未定だが、10-18mm F / 4.5 – 5.6 C-Dreamerは11月頃と見られる。4mm F / 1.8、12mm F / 1.8、17mm F/1.8は2019年初頭になる予定。同社のシュノーケルマクロレンズとは異なり、上記のレンズはすべて店頭で購入できる。

avatar
  Subscribe  
Notify of