JobyがGorillapod Video Proにフルードヘッドを追加

上のビデオは「字幕」ボタンで日本語字幕が表示されます。

 

Jobyは新しいGorillapod Video Proにフルードヘッドを追加した。強固で信頼性の高い構造で、パン/チルトコントロールをスムースに行うことができる。小型軽量で持ち運びにも便利だ。

Gorillapodは三脚が立てにくい状況でも、カメラを固定することができるユニークな機材だ。 もちろん三脚を持っていなくても、適当なところに絡めてカメラを固定することができる。しかしカメラは固定されたままで、パンやチルトと言った動きができないのが難点だった。Jobyは最新のGorillapod Video Proモデルにフルードヘッドとアクセサリーアームを追加し、パン/チルト操作が行えるようにした。

Gorillapodにはアクセサリマウントが付属しているが、その一つがコールドシューマウントで、これによりマイクや小さなライトを取り付けることができる。これに加え、小型の磁石クリップがパンアームに付けられている。これを使用して、コントローラやスマートフォンをGorillapodに取り付けることができる。ビデオヘッドにはバブル水準器が組み込まれているので、水平もすぐに確認できる。

新しいGorillapod Video Proは2モデルあり、一つは最大3kgまでの耐荷重、もうひとつは5kgまで搭載可能。ミラーレスカメラやDSLR、あるいはアクションカメラにも対応でき、小型なので持ち運びにも便利だ。Gorillapodは強固でかつ柔軟な脚があり、三脚のように設置できる他、木やフェンスに脚を絡めて固定することができるが、フルードヘッドでよりクリエイティブな撮影ができるようになった。

 

avatar
  Subscribe  
Notify of