シグマ会津工場訪問記 - 高性能レンズが生まれる現場から

上のビデオは「字幕」ボタンで日本語字幕が表示されます。

 

先の日本訪問時に、シグマのARTシネマズームレンズの製造拠点である会津工場を訪問した。同社のご厚意で工場内をビデオ撮影させていただいた。同社の高性能レンズがどのように作られているのか、ご興味あるところだろう。

3月のはじめ、私はシグマの工場を訪れた。 シグマの山木慎士氏が私を迎えてくれ、同社の工場がある会津に一緒に行くことになった。ほぼ4時間の旅はとても楽しいものだった。山木氏とゆっくり話ができ、最高の蕎麦を食べながら列車を乗り継ぐと、東京の晴れやかだった天気が雪に変わった。

Together with Kazuto Yamaki-san

到着すると、社長の山木和人氏が私を迎えてくれた。 山木社長は、1961年に会社を設立した御尊父が2012年に亡くなった後、会社を引き継がれた。

同社には現在1600人が在籍しており、1400人が会津の工場で働いているとのこと。 山木社長が述べているように、シグマの最大の資産は高性能な製品を生み出している従業員の方々だ。2日間の滞在を通して、シグマの優れた製品はこれらの方々の努力と技能によって支えられていることがよく分かった。

今回のビデオ撮影にご協力いただいた会津工場の皆さん、そしてその機会を与えていただいた山木社長と山木慎士氏に深く感謝したい。

シグマのWebサイト